ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッキーGXの相方を考える。 ポケモンカード

最近、ブラッキー使いたさすぎてブラッキーGXを中心とするデッキレシピ多い。

ブラッキーGXの相方になるポケモンを考察してみます。
個人で考えてるもの以外にも、人のデッキレシピも参考にしてます。


イベルタルBREAK
→120ダメージからの30ばら撒きは強い。ただ、悪エネルギー3枚の拘束力はブラッキーと組むとタイプは一緒でも扱いにくい(経験から) 。せめて、W無色エネルギーが対応してればなと思う。

イベルタルEX
→タイプ統一で使いやすいが、戦法が異なる。腐ることはなさそうなのでエースにはなるはず。

バルジーナBREAK
→1エネルギーで30ダメージばら撒き、さらに1エネルギーのまま通常バルジーナで特性持ちに60ダメージを飛ばせる。スペックとしてはかなり優秀。ただ、ネックになるのはブラッキーGXまでの準備期間との差が開いてしまうこと。そこまで気にならなければ、タイプも統一され苦手な闘タイプにも抵抗力があるのですごく良いと思う。

デンチュラ
→ベンチポケモンに対しても広角レンズと同じ効果で30ダメージを与えられる。ブイズエフェクトを考えるなら、ぜひ採用したい枠。ブイズエフェクトがフルで4タイプ持ち。大体の弱点をつくことができる。抵抗力には注意。あえて、欠点を述べるなら、進化前のバチュルがHP30なので、特性などで先攻1キルされる可能性があるのは覚悟しなければいけない。

グレイシア
→闘タイプの弱点のうち水をつける。採用することで、闘タイプ相手にするリスクを緩和できる。また、全体に10ダメージが入るのも大きな魅力。

ナマコブシ
→ブラッキーGXのひるがえすで交換先の候補枠。炸裂バルーンと組み合わせるパターンもあるが、ナマコブシを出すと にげる で容易に入れ替えられなくなるため、下手すると自分が詰む。炸裂バルーンよりは、保守的にかるいしの方が無難だと思われる。グッズロックの可能性もあるため、採用する際は、その辺も考慮する必要アリ。

サメハダー
→枠としては、にげる0のナマコブシ。進化する手間がある分、採用するかは怪しい。身代わりだけのために進化ポケモンを入れるのは、正直微妙。サメハダーもアタッカーにはなるが、3エネ必要なポケモンが増えるだけ、という印象。

サメハダーEX
→1エネから動けないのは厳しいが、重い相手のポケモンを引きずり出してテンポを落とすことが狙えるため評価できる。にげるに1エネ必要なのがとても残念。

ブイズエフェクト + 広角レンズ + ビークイン
→弱点を狙っていけ、進化前のポケモンで用意するのはイーブイのみのため、使いやすさも含め強力な組み合わせ。ただ、弱点をつけない場合は、無駄なスロットが多く出てしまう。そこを上手くビークインでカバーするのも面白い。

エーフィEX エーフィGX
→闘タイプの弱点のうち超タイプをつける。また、ブラッキーがエーフィの弱点の超タイプに強いため、相性補完の意味では使いやすい。エーフィのワザとの相性も悪くないため、デッキが安定する。

ガマゲロゲEX
→W無色エネルギーの採用の関係上、使いやすい。また、ブラッキーの弱点もカバーできる。ブラッキーのワザとの組み合わせで非常にいやらしくなる。相手にはしたくない。(´-`)

ジュナイパーGX
→組み合わせとしては尖りすぎな気もする。ただ、この場合、ジュナイパーがワザを使うことは考慮されない。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。