ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウインディSM 炎単デッキ ポケモンカード

どもども。

今回は私の得意な炎タイプのデッキです。
サンムーンで高火力のウインディを使ったデッキを考えてみます。


ポケモン 11

ウインディBREAK × 2
ウインディ × 4 サンムーン
ガーディ × 4 自由
ブースターEX × 1


トレーナーズ 35

鍛冶屋 × 4
プラターヌ博士 × 4
ククイ博士 × 2
フラダリ × 2
炎のトーチ × 4
バトルサーチャー × 2
はかせのてがみ × 4
リピートボール × 3
ハイパーボール × 3
トレーナーズポスト × 4
あなぬけのひも × 2
むしよけスプレー × 1


エネルギー 14

炎エネルギー × 12
バーニングエネルギー × 2


大量ドロー & 大量トラッシュ で高火力ワザをブッパし続ける構成。
これが気持ちよすぎて、これだから炎タイプはやめられない。

ブースターを採用した理由は、
エネルギーを削る必要のないときに
戦う役目を持たせており、
ウインディBREAKの役目は
HPの底上げとエネルギーの回収。
エネルギーを付ける先としてブースター。

欲を言えば、カエンジシのフレアコマンド欲しい。
BREAK抜いて、ピン挿ししても良いかも。
あなぬけのひもとむしよけスプレー、
フラダリまで入れてるので、そことのバランスですね。

なお弱点であるガマゲロゲEXには
何もできずに沈む可能性が高いです。

てか、沈みます。


改良案

ウインディ単にする
→ブースターをウインディBREAKに変えるか、別枠に

リピートボール4枚積み
→単デッキは圧倒的にリピートボールが使いやすい

スタジアムの採用
→炎のトーチの代わりに灼熱の大地、M進化メタに色の消えた町、ベンチにポケモンが並ばない為パラレルシティ、BREAKの代わりにトレーニングセンター。

ポケモンのどうぐの採用
→火力の底上げか、守りを固めるか。
ウインディだと軽石が意外と使いやすい。
ただ個人的にポケモンのどうぐの採用は好みじゃない。

クロケア、AZ、すごいつりざお
→単純に後続用。ウインディ単にするなら入れた方がいい。

サポート枠にマグマ団orアクア団のしたっぱ
→トラッシュ手段としてTVレポーターの代わり。
ADVシリーズでは、よく使ってたなぁ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。