ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事転載)【新弾フラゲ情報】闘う虹を見たか&光を喰らう闇【Pokeca☆Tips】

以下、「Pokeca☆Tips」より転載です。

転載元:【新弾フラゲ情報】闘う虹を見たか&光を喰らう闇

時間無かったのでテキトーですが許してください。

グソクムシャGX & グズマ





「グズマ」はまるで「フラダリ」のような効果。
「にげる」がゼロのポケモンと組み合わせることで「フラダリ」としても使う事が可能ですね。

そして、ポケモンGX枠である「グソクムシャGX」の登場。

この「グソクムシャGX」は1エネルギーで120ダメージを狙うことができるワザを持っていますね。
「にげる」に必要なエネルギーが多いことからも連発するためには1工夫必要になってきます。

「かるいし」や「ソルガレオGX」の特性「ウルトラロード」、「ゾロアーク」の特性「なりかわる」と合わせても面白いです。

「グズマ」もおそらくはこのためのサポートカードだと思いますが、連発するだけのためにサポートを消費するのは少々重たいです。

「グゾクムシャGX」を使う場合は「であいがしら」を連発できる手段が2つ以上はデッキに欲しい所ですね。


リザードンGX





はい、強い。
「リザードン」は毎シリーズ強いですね。
見た目の強さとは反面、使用率があまり高くないポケモンでもありますね。

今回は「カキ」が収録されており、また、「鍛冶屋」も再録されていることからも「リザードンGX」に絞ったデッキというのはかなり組みやすい環境にあるんじゃないかなとは思いますよ。

「ボルケニオンEX&バクガメスGX」のデッキに対しても火力で蹂躙できるので、弱点を突ける炎タイプとはいえ、引けを取らない勝負もできるんじゃないですかね。

GXワザは「サーナイトGX」と反対に相手の山札を削るワザ。

すべてのワザが何もつながりを持っておらず、それぞれが尖ってますね。
「アローラキュウコンGX」を思い出します。

公式側からすれば現環境下で活躍させたいという思いがあるんじゃないでしょうか??

サーナイトGX





みんな大好き「サーナイトGX」の登場。
フェアリータイプでの収録ですね。

皆さんはこのスペックをどう読み取りますか??

自分の見解としてはこんな感じ。




GXワザ「トワイライトGX」は「ジュナイパーGX」の「ホロウハントGX」に通ずるところがありますね。

一度使ったサポートや、トラッシュされた「ポケモンのどうぐ」、「フィールドブロアー」や「改造ハンマー」などの勝負の流れを大きく変えるカードなどなど。。。使い道は多そうですね。

ムキムキダンベル





1進化ポケモンのHPが40増えるという道具。
「闘魂のまわし」と比較すると“ダメージ+10する”という効果はありませんが、HP+40というのは現環境において強力な効果となります。




まぁ、こういうことですよ。
今までワンパン圏内の非常に強力なダメージを叩き出していたデッキに対して1ターン猶予を生むことができるようになるわけです。

たかが1ターン。されど1ターン。

「アセロラ」使えばもう一度出すことができますし、この1ターンの猶予は十分逆転の可能性を感じさせてくれますね。

続きを読むより続報です。
言っても公式でアナウンスの有ったカードのみですが。










ロトム図鑑ポケファインダーモード





山札のトップ操作を可能にするカード。

サポート「マオ」と合わせて使うことができるグッズになりますね。
山札をトラッシュする効果をより効果的に使うことができますよ☆

「シェイミEX」などのドローソースとも相性が良いですね。

トップが気に入らなければシャッフルしなおすことも可能なので、終盤でドローサポートを使う前に引きたいカードを引けるかどうか、確かめることができますし、終始腐ることがなさそうなカードですね。

オンバーンGX





ロック気質の強いポケモンGXの登場。

グッズロックに弱いデッキは、ますます弱体化しそうです。

特に「ジュナイパーGX」軸のデッキは弱体化されるんじゃないですかね。。。??

あくまで憶測ですが。

オニシズクモ






草タイプの分岐進化が出てきましたね。

手札からエネルギーを付けられなくなるというワザを持っていますが、そこまで需要はなさそうな印象。

サンムーンシリーズ第1弾に登場した水タイプの「オニシズクモ」と合わせて何か良い感じのデッキが生まれますかね??

ライチュウ






「ライチュウ」に進化した時に使うことができる特性が強力。
相手を確定マヒに追い込むことができます。

確定マヒを解除する手段は、「ソルガレオGX」の「ウルトラロード」のような入れ替える特性であったり、「あなぬけのひも」といったグッズにより解除することが可能です。

グッズロックや特性ロックと組み合わせることで、確定マヒを解除する手段を絶ち切ることができるので、ロックデッキと組み合わせることでより強力な特性になるんじゃないでしょうか。

カキ






炎エネルギーを1ターンに4枚も付けることができるサポートカード。
ただし、このカードを使った後は強制的に番が終わってしまいます。

先攻の1ターン目であればどうせワザも使えないので、「カキ」を使って番を終えたいところ。

ちなみに、対象は基本炎エネルギーですが、ポケモンのタイプは何でも良いため、炎デッキに限らず入れることのできるカードになりますね。

無色タイプのポケモンや、「カプ・テテフGX」、ワザ「ガリョウテンセイ」を持った「MレックウザEX」など、色んなポケモンに使うことができますよ☆

ホウオウGX






ワザの火力も高く、注目度の高いGXワザを持っています。

ベンチから戻すことのできるポケモンは進化ポケモンを選択できることから、デッキ構築の幅を大きく広げることができますね。
高いHPを持つ2進化のポケモンGXや、MポケモンEXを場に出せることから場の安定感も良い感じになりそうです。

ネクロズマGX






強力な特性に加え、強力なGXワザを持っています。

しかし、これ単体での性能で言うと、あまり魅力は感じません。

理由としては以下の通り。
・特性は「MレックウザEX」軸のデッキへの対策になりそうだが、実際「MレックウザEX」デッキには「オカルトマニア」を採用した構成が多い。
・通常ワザは超エネルギーのトラッシュと引き換えに大ダメージを放つことができるが、超エネルギーを場に戻す手段が今のところ少なすぎる。

関連記事
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。