ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】次のチャンピオンズリーグで優勝するデッキを予想してみよう。②

前回:【コラム】次のチャンピオンズリーグで優勝するデッキを予想してみよう。

チャンピオンズリーグ@名古屋が終了いたしました。

思いのほか、「ダークライ」を使っている人が多かった模様。

ダークライGX

『ダークライGX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「ダークライ」と当たっても良いように、「MルカリオEX」を使ったのに~。(つД`)ノ


ただ、優勝したデッキは違うデッキでしたね。




なんと、優勝者のデッキは「妨害ニンフィア(ニンフィアLO)」と言うではありませんか。
しかも、2位も確か、同じようなデッキだったはず。

これはAブロックでの話なので、Bブロックはまた後日という事になりますが。

にしても、予想が大きく外れましたね。
わたくしも、名古屋のAブロックで参加しておりました。

見渡した感じだと。

・ボルケニオン使ってる人を見なかったこと。
・敗者卓に「よるのこうしん」デッキがむちゃくちゃ多かったこと。

自分自身が1戦目敗退してしまったので、2試合目は敗者卓だったんですが、自分の周りは皆「よるのこうしん」でした。

「よるのこうしん」に取り囲まれる中で「MルカリオEX」デッキ使ってましたが、勝てるわけないですね;;

早くも来週はチャンピオンズリーグ@岡山ですよ。

期間が1週間しかないという事もあり、次につかわれるデッキは読みやすいのかなと思いました。

以下、続きを読むより。








まず、思いのほかすごい結果を残すことになった「妨害ニンフィア(ニンフィアLO)」は一気に環境デッキに上り詰めることになってしまいました。

これを受け、「ニンフィア」デッキを練習し始める人があちこちで出てくるでしょう。

結果としていえることは以下の通り。

・プレイングに自身のある人→「ニンフィア」デッキ
・あまり自信のない人→「鋼軸」デッキ
・自分みたいな人→「炎軸」デッキ

この3タイプかなと思いました。

「ニンフィア」が結果を残すことになったのは、ポケカプレイヤーの中でも意外に思った方は少なくないはず。

「今まで"妨害戦術"とか舐めてたけど、優勝できるなら話は違う。」

・・・って方が皆使いそう(゚∀゚)

対する鋼デッキというのは「ハッサム」を中心としたデッキになりそうですね。

ハッサムEX

『ハッサムEX』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



単純に「ニンフィア」の弱点を突けるだけでなく、「アローラキュウコンGX」の弱点や「ダストダス」に抵抗力を持っているという事が挙げられます。

つまり、「鋼軸」デッキって環境に刺さるデッキとしてとても注目されているデッキというわけですね☆

「アローラキュウコンGX」の使用者が減って、「鋼軸」デッキが増えることが考えられるので、「炎軸」デッキが自然と増えそうな感じがしますね。

チャンピオンズリーグ@名古屋では「ボルケニオン」デッキは意外にも非常に少なかったですが、次の岡山では前回よりは数が増えてくるんじゃないのかなーって思ったりしますよ。


これら以外のデッキを使う場合であれば、最低限必要な要素は以下の通り。

・妨害に強いデッキ。(EX. 「メレシーBREAK」や「ラランテスGX」)
・鋼に強いデッキ。(EX. 「雷軸」デッキ、「炎軸」デッキ)

こんな感じですかね。

今回は以上になります。
関連記事
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。