ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキレシピ】ドリュウズ&ダダリン【鋼軸】

今回は鋼軸のデッキレシピです。

ドリュウズダダリン

『ドリュウズ』 / 『ダダリン』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



続きを読むよりどうぞ。









今回紹介するのは、「ドリュウズ」の古代能力「オメガ連打」と「ダダリン」の特性「はがねつかい」を組み合わせを軸にしたデッキになります。

古代能力:Ω(オメガ)連打
このポケモンは、ワザを2回連続で使える。(1回目で相手のバトルポケモンがきぜつしたなら、次のポケモンが出た後、2回目を使う。)



特性:はがねつかい
このポケモンがいるかぎり、自分のポケモンが使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージは「+10」される。




もうすでに強そう。(・∀・)

「ポケモンEX」や「ポケモンGX」を採用せずとも、ダメージ追加&2回攻撃により物凄い火力を放つことができるようになります☆ ついでにサイドレースでも有利に立ち回ることができますね。2進化ポケモンのHPにも簡単に達すことのできる火力がでるため、見た目以上に強いデッキだと思います。

で。。以下、参考デッキレシピ。



ドリュウズ&ダダリンポケモン 14

4 × ドリュウズ
4 × モグリュー
4 × ダダリン
2 × カプ・テテフGX

トレーナーズ 35 (サポート 14)

4 × プラターヌはかせ
2 × ククイ博士
2 × フラダリ
1 × リーリエ
2 × N
1 × ミツル
2 × アズサ

4 × トレーナーズポスト
2 × バトルサーチャー
2 × はかせのてがみ
1 × フィールドブロアー
2 × こだわりハチマキ
1 × ちからのハチマキ
3 × ハイパーボール
1 × すごいつりざお
2 × あなぬけのひも

3 × 日輪の祭壇

エネルギー 11

7 × 鋼エネルギー
4 × W無色エネルギー



【採用したカードの解説】

このデッキは一応ワンキルも見据えたデッキとなっています。そのため、サポートには「ミツル」を採用し、最速1ターン目に勝負をつけられる要素を加えました。「ポケモンEX/GX」といった強力なポケモンに立ち向かうためにはスピードも必要になってきますね。「ミツル」はこの点でも噛み合っていることから採用しております。

理想としては1ターン目から「ドリュウズ」に進化できる状態。1ターン目から「ミツル」にアクセスできる可能性を上げるためにも今回は「カプ・テテフGX」を入れて考えています。また、「カプ・テテフGX」を採用した理由はこれだけにとどまらず、ダメージ調整の可能な「ククイ博士」にアクセスするためのカードでもありますよ。

ちなみに。

「こだわりハチマキ」 + 「ククイ博士」 + 「はがねつかい」 + 「オメガ連打」のコンボが成立した場合。

(マッハクロー50ダメージ +30 +20 +10~40) × 2 = 220~280

2進化ポケモンGXもまさかの一撃レベル。((((;゚Д゚)))))))

非EX/GXとも安定して戦えるようにハチマキは2種類入れてあります。

スタジアムの「日輪の祭壇」は無いより有った方が良いかなって言うくらいのレベルです。実戦での役目としては相手のスタジアムを割るくらいの役割しか無いと思うので、「パラレルシティ」に変えてみても良いと思いますよ。

エネルギー面を見直して、「ダダリン」や「カプ・テテフGX」がワザを使えるように超エネルギーを加えてみても良いでしょう。・・・というのも、時間稼ぎの為に「フラダリ」でバトル場に引きずり出される場面が多そうなので。「カプ・テテフGX」はまだしも、「ダダリン」が引きずり出されてしまうと、安易に「にげる」が使えないです。超エネルギーがあれば、ワザを使えることで相手も引きずり出すポケモン選びに困る事でしょう。
関連記事
スポンサードリンク

ドリュウズ ダダリン Ω(オメガ)連打

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。