ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新弾カード、評価の変化しそうなカードたち。

新弾が発売されて1週間しかたっていませんが、個人的に評価が変化していきそうなカードたちをまとめてみましたよ。

・ますます評価の上がりそうなカード。
メタグロスGX/アローラキュウコンGX

・評価の下がりそうなカード。
ダストダス

続きを読むよりどうぞ。








これから評価の上がっていきそうなカード。

実際に使ってみると、最初見た時と印象が変わったカードになりますね。


メタグロスGX

メタグロスGX

『メタグロスGX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



意外と安売りされている「メタグロスGX」ですが、2進化のポケモンGXであり、HPも高く同じ鋼タイプの「ソルガレオGX」と比較するとデメリットが小さめ。ワザ「ギガハンマー」のデメリットを「ソルガレオGX」の「ウルトラロード」や「メタグロス」の「ジオテックシステム」を使って打ち消すギミックをデッキに入れたパターンも見受けられる。実際に使ってみると、特性に頼らずとも自身の「にげる」を使って「ギガハンマー」のデメリットを解除しやすい。自身の持つ特性「ジオテックシステム」より、トラッシュからエネルギーを直接つけることができることから、「にげる」でトラッシュするエネルギーも気にならなくなる。


アローラキュウコンGX

アローラキュウコンGX

『アローラキュウコンGX』 引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



管理人のお気に入りカード。
カードを見ただけの印象では使いづらさを感じるが、実際に使ってみるとそうでもないことが解る。「こおりのやいば」、「ブリザードエッジ」の2つのワザは同じくらいの使用頻度であり、その都度使い分けることができる。バトル場のポケモンに致命傷を与えた後に、ベンチから重たいポケモンを「フラダリ」で引きずりだし、ベンチに戻したポケモンに「こおりのやいば」を使いとどめを刺すことができる。この動きは相手の大きなテンポロスを狙うことができる。また、HPが210あることから粘り強く戦うことができ、中途半端に与えられたダメージは「クリアゲートGX」でダメージソースに変えられることも大きな魅力である。







評価の下がりそうなカード。

ダストダス

ダストダス

『ダストダス』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



驚きと同時に罵声が飛んできそうですが、管理人が勝手にそう思っているだけなので特に気にしないでほしいです。

「ダストダス」は大きな打点を狙う事のできる強力なワザ「ゴミなだれ」を持っており、またそれは自然と相手の行動を制限してしまう強さも持つ。これがこのワザの大きな魅力。しかし、デッキの構築次第で対策が可能になってしまうのが残念なポイント。「サポート」を多めに採用することで、「ダストダス」に対して非常に効果的に戦う事が可能になる。「カプ・テテフGX」の存在からも対戦中では「サポート」に頼ることで「グッズ」の使用回数を控えめにしやすい。そのため、今後の「ダストダス」の使用率は下がってくるのではないかと管理人は考えている。
関連記事
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。