ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンカード過去シリーズの環境紹介(ADV~DPt)①

古参プレイヤーにとっては久しい環境の歴史。
新規プレイヤーにとっては新鮮な過去の環境。

過去の環境で使われていたコンボなどを見直すことで今の戦い方に幅を持たせることができるのではないかという事で書いてみましたよ。

「温故知新」ってやつっすな。

温故知新
前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。▽「温」はたずね求める意。一説に、冷たいものをあたため直し味わう意とも。「故(ふる)きを温(たず)ねて新(あたら)しきを知る」または「故(ふる)きを温(あたた)めて新(あたら)しきを知る」と訓読する。


引用元:新明解四字熟語辞典


続きを読むよりどうぞ。








ADVシリーズ。
発売期間:2003年1月31日~


「ポケモンex(エクストラ)」が新ルールに登場。
また、ルビー&サファイアのゲームに合わせて「ダブルバトル」というルールが新しく追加。

私にとって原点のシリーズですね。
なんとこのシリーズで発売されたパックはたった5パック
今と大違いですね。ブログ更新時、サンムーンシリーズだけでもう既に5パック出てしまいましたよ。

・ポケモンカードゲームADV 第1弾拡張パック
2003年1月31日(金)

・ポケモンカードゲームADV 第2弾 拡張パック「砂漠のきせき」
2003年4月18日(金)

・ポケモンカードゲームADV 第3弾 拡張パック「天空の覇者」
2003年6月25日(水)

・ポケモンカードゲームADV 強化ex拡張パック第1弾 「マグマVSアクア ふたつの野望」
2003年10月24日(金)

・ポケモンカードゲームADV 第4弾拡張パック「とかれた封印」
2004年1月16日(金)

今と比較すると発売される間隔も長い期間があいてたんですよ。
それもあって環境自体が変わりにくかった時代でもありますね。
当時はまだ1パック11枚で300円。内1枚がキラカードでしたね。


この当時に流行ったカードたちを見てみましょうか。



バシャーモ&レックウザex

バシャーモレックウザex

『バシャーモ』 / 『レックウザex』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



BWシリーズに登場した「シビビール」の特性「エレキダイナモ」を使ったコンボの原型。
当時の「レックウザex」は特殊エネルギーもトラッシュが可能であったため、「レインボーエネルギー」や「マルチエネルギー」を付けて大ダメージを狙うことが可能でした。


マグマウィニー

マグマ団のグラードンマグマ団のザングース

『マグマ団のグラードン』 / 『マグマ団のザングース』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.




マグマ団のカードだけで構築されたデッキ。
この時、スターターとして、マグマ団のデッキが発売されていたこともあって、構築難易度の低かったデッキですね。

これが意外なことにむちゃくちゃ強かった。ちなみにこの「ザングース」は相手の場も参照するため、ミラー戦だとヤバいことになります。これをXYシリーズで再現したのですが、ダメでしたね。当時のような強さは復元できませんでした。


その他採用率の高かったカードたち。

ボーマンダ

ボーマンダ

『ボーマンダ』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



このカードの強さは「ポケパワー」。自分の番に、このポケモンがバトル場にいるときに1回使うことのできる効果で、効果の内容は「フラダリ」。毎ターン使うことができたんですよ。弱いわけがないじゃないですか。


ダイゴのアドバイス

ダイゴのアドバイス

『ダイゴのアドバイス』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ADVシリーズ最強サポーター。ポケカの歴史の中でも史上最強のドローソース。このサポーターは皆入れてましたね。


砂漠の遺跡

砂漠の遺跡

『砂漠の遺跡』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ポケモンex(エクストラ)を採用しないデッキであれば、必ずと言って良いほど入っていたスタジアム。


デュアルボール

デュアルボール

『デュアルボール』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



たねポケモンを呼んでくるために使われていたカード。自分もよく使ってましたね。


Wレインボーエネルギー

Wレインボーエネルギー

『Wレインボーエネルギー』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



非exの進化ポケモンにしかつけることができず、ワザのダメージが「-10」される効果を持っています。しかし、ダメージカウンターを乗せるワザや相手を特殊状態にする場合は何もデメリットの無い反則級のエネルギーカード。


ワープポイント

ワープポイント

『ワープポイント』
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



旧裏面時代の再録カードであり、今の「あなぬけのひも」の原型。今だとあまり使われませんが、当時は頻繁に使われていたカード。現環境で使われない理由は「フラダリ」の存在のせいでしょうね。



参考にした記事。
・ポケモンカードゲーム(ポケカ)wiki
seesaawiki.jp/w/jester_the_pcg/
関連記事
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。