ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもひで。

自己満足内容の記事です。

ポケモンカードについての思い出をざっくりと語ってみます。

興味のある方は続きを読むよりどうぞ。








わたくしのアップするデッキレシピは他の方とは色の違ったデッキレシピが多いと思います。
特に人気のカードの採用を嫌うため、そういった感じにどうしてもなってしまいますね。
あくまでオリジナリティ溢れるデッキの形を保ちたいのです。

別に採用すること自体は構わないのですが、これには理由もあるんです。


今年でついにプレイ暦14年目(?)を迎えるポケモンカードの歴史を振り返った先にその答えが有ります。


・・・ポケモンカードとの出会いは幼稚園の頃。(

当時は遊びたくても買ってもらうことができず、友達の持ってたカードコレクションを見せてもらって楽しんでました。

マクドナルドの付録でポケモンカードが付いていたときは、それ目的でハッピーセットを買ってもらっては集めてました。
対戦がやりたくて仕方が無かったのですが、うちの親はカードを買ってくれるような感じでもなかったので結局のとこ買ってもらえず諦め仕舞い。

旧裏面~カードeシリーズまではこんな感じでしたね。

本当にやりたくて仕方が無かったのを今でも覚えてます。

時は流れ、ルビー&サファイアの時代。当時小学校高学年。
ポケモンカードではADVシリーズを迎えることになります。

この時になって初めてポケモンカードを買ってもらうことができたんですね。
ADVシリーズよりやっと念願だったポケモンカードに参戦することができるようになりました。

ポケカ人生で初めて手にしたスターターはこのデッキ。



今もこのスターターのコイン持ってますが、擦れて色が全部剥げてしまいました。
もはや裏なのかオモテなのかすら近くで見ないとわからないレベル。

とはいえ、親に買ってもらえたのはほとんどこれっきり。
後は、自分のお小遣いとの格闘になっていきます。

友達と一緒にジムチャレンジ(今でいうジムバトル)に参加していましたが、当時は全然勝てなかったですね。
友達との対戦がメインでした。友達相手でも皆強いカードばかり持ってて、自分は全く勝てないへっぽこプレイヤーでした。

次第にカードゲームというものを理解し始め、勝率の高い流行のデッキが存在することを知るようになります。

当時は、「バシャーモ&レックウザex」のような「レックウザex」を主体にしたデッキが流行っていたのを覚えてます。
この「レックウザex」は過去記事に紹介したものとは別のカードで、BWシリーズの「レックウザEX」と同じようなスペックのカードです。

んで、流行のデッキを使えば、簡単に勝ててしまうようになることを知ります。

ですが。

当時は少ないお小遣いでパックで買っては、少ないレアカードをトレード材料に、
店舗大会に来た人とトレードで欲しいカードを頑張って集めていた時代。

今ではシングルカードが当たり前になりましたが、、、

少ないお小遣いでは、そんな流行デッキを作れるはずもなく。

。。。妬ましくもうらやましかったですね。

そんな感情がいつしか別のものへと変化していきました。

なんか、許せない・・・。
あんなの「ただのパクリデッキじゃないか」、と。

そんな思いが自分の中で何かを狩りたてました。

「あんなふざけたパクリデッキは全部つぶしてやる。」

そうして私は流行のデッキは使う側ではなく、潰す側を極めていくことになりました。

「皆が使わない様なカードで勝ってやるんだ」って。

これが今にも続く自分にとってのデッキ構築の根幹ですね。

そういうわけで、今もなお人気のカードを避けてしまう癖が有りますね。
あと、自分が良いなって思った組み合わせでも人が使ってたら使わなかったり。笑

今となっては自分の言う「パクリデッキ」は賛成側ですよ。
当ブログのデッキレシピも含め、強くなるために色んな人の強いデッキを研究してみてください。
関連記事
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。