ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキレシピ】ブラッキーGX、ドンカラス、カプ・コケコ【再更新版】

サンムーンシリーズ第1弾より単デッキとして愛用してきた「ブラッキーGX」。

そんな「ブラッキーGX」と相性の良さそうな「ドンカラス」と組み合わせてみましたよ。

「ブラッキー」も好きなポケモンなのですが、「アローラキュウコンGX」の方が使いたくて誘惑に負けてしまいました。

ちなみにこのデッキのポテンシャルはかなり大きいと思います。

愛用していた「ブラッキーGX」を使っていることもあり、デッキレシピもそれなりのクオリティです。


「ブラッキーGX」&「ドンカラス」

ブラッキーGXドンカラス

『ブラッキーGX』 / 『ドンカラス』 引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



続きを読むよりどうぞ。









【解説】

「ブラッキーGX」のワザ「シャドーバレット」と、「ドンカラス」のワザ「レイブンクロー」のコンボです。

また、「ブラッキーGX」と「ドンカラス」の組み合わせと相性の良いカードとして「カプ・コケコ」を採用してみるのも良いと思いますよ。

カプ・コケコ

『カプ・コケコ』 引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.




「カプ・コケコ」のワザ「かいてんひこう」は相手の場に6匹ポケモンが並んでいれば、「120ダメージ分のダメカン」を相手の場に置くことが可能ですが、基本的にそのような場面は多くないと思います。対して、「シャドーバレット」はバトル場に90ダメージと、ベンチに30ダメージなので確実に相手の場に120ダメージ分のダメカンを置くことができますよ☆

また、「カプ・コケコ」のワザ「かいてんひこう」により、「ブラッキーGX」の微妙に足りない火力を補う事も可能です。このデッキに入っているポケモンは色々なシナジーが噛み合っており、ポテンシャルの大きいデッキに仕上がっていますよ。

ダメージカウンターを撒いた後は「ドンカラス」の出番ですね。

「フラダリ」や「あなぬけのひも」を使って、ダメージカウンターの乗っていないポケモンを積極的に引きずり出していきましょう。「ドンカラス」のワザ「レイブンクロー」の火力は相手の場のダメージカウンターの数分上昇するので、ダメージカウンターが乗ったポケモンは基本的には放置になりますね。育ってしまったポケモンについては素直に倒してしまった方が後々の危険度が減ります。

無傷なポケモンを倒してしまえば残りは弱ったポケモンなので、最後のサイドも楽にとることができると思いますよ。

「ブラッキーGX」がHP200あるため、なかなか倒れにくく、かつ「シャドーバレット」を放置してしまうと「ドンカラス」がとんでもない脅威になるため、相手からすると精神的に辛いと思います。


このデッキの弱点

ちまちまダメージを与えることが武器であるデッキになっているため、「うねりの大海」のように毎ターン回復が可能になる回復ソースを持っているデッキに対しては苦戦を強いられると思います。

ポケモンGXである「ブラッキーGX」でさえ、素の火力が大きくないので実戦で使っていると回復ソースを持ったデッキ相手には苦戦を強いられることが非常に多かったです。

「ドンカラス」も相手に回復されてしまうとダメージも伸ばすことができないので、「うねりの大海」は必ずトラッシュできるような手段を用意しておきましょう。トラッシュできないと降参レベルまで追いつめられることになりますよ。



以下、参考デッキレシピ。


3 × イーブイ
3 × ブラッキーGX
3 × ヤミカラス
3 × ドンカラス
1 × カプ・コケコ

8 × 悪エネルギー
4 × W無色エネルギー

4 × プラターヌ博士
2 × N
2 × サナ
2 × ククイ博士
2 × フラダリ
2 × アズサ

4 × トレーナーズポスト
2 × バトルサーチャー
1 × すごいつりざお
2 × こだわりハチマキ
1 × フィールドブロアー
1 × 改造ハンマー
2 × はかせのてがみ
3 × ハイパーボール
2 × あなぬけのひも

3 × シャドーサークル


使った方は是非感想などを頂ければなと思います。
ではでは。
関連記事
スポンサードリンク

ブラッキーGX ドンカラス カプ・コケコ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。