ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デッキレシピ】メタグロスGX

メタグロスGXが4枚揃ったのでちょっと本気で考えてみました(

メタグロスGXメタグロス

『メタグロスGX』 / 『メタグロス』 引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



XYシリーズで出た特性:「マグネットワープ」を持つ「メタグロス」と組ませています。
進化軸もそろっているので「ソルガレオGX」との組み合わせよりも安定します。

続きを読むよりどうぞ。メタグロス(手持ち)








以下、デッキレシピ。


メタグロスGX
ポケモン 17

4 × ダンバル
4 × メタング
3 × メタグロスGX
2 × メタグロス(マグネットワープ) 拡張パック「バンデットリング」
2 × カプ・テテフGX
2 × ダダリン

グッズ 17

2 × バトルサーチャー
4 × トレーナーズポスト
2 × ふしぎなアメ
1 × レスキュータンカ
1 × フィールドブロアー
2 × バトルコンプレッサー
3 × ハイパーボール
2 × シンカソーダ


サポート 14

4 × プラターヌ博士
2 × N
1 × ククイ博士
1 × リーリエ
2 × ハラ
2 × フラダリ
1 × ポケモンレンジャー
1 × アズサ


エネルギー 12

11 × 鋼エネルギー
1  × 超エネルギー


【解説】

メインウエポンは「メタグロスGX」のワザ「ギガンティックハンマー」

これをいかに連続で打てるか、を軸にしたデッキです。

方法。

①「メタグロス」の特性:「マグネットワープ」による入れ替えで毎ターン連続で使えるようにする。
②サポート「ポケモンレンジャー」を使って、デメリットを丸々打ち消してしまう。

上記の方法により、ワザ:「ギガンティックハンマー」を連続して使うことができますね。

序盤では「メタグロス」が場に用意できるまで、「ポケモレンジャー」を使います。
「ポケモンレンジャー」は1枚しか入っていませんが、「カプ・テテフGX」を採用しているので、特性:「ワンダータッチ」で持ってくることが可能です。

え、サイド落ちですか?
・・・そんなの知りません。(((

的確な回答をするのであれば、「メタグロスGX」よりも「メタグロス」を育てることを優先しましょう。



2進化でも、展開は早く。

「メタグロスGX」の特性:「ジオテックシステム」との相性から「バトルコンプレッサー」を採用してみました。また、エネルギーだけでなく、ポケモンも持ってこられるようにしたかったので「レスキュータンカ」を採用してみましたよ。「シンカソーダ」は「タイマーボール」でも良いと思います。今回は確実性を優先しました。また、「メタグロスGX」のGXワザ:「アルゴリズムGX」を早いうちに使うことで手札を整えることもできます。

え、N ですか?
・・・そんなの知りません。(((

的確な回答をするのであれば、実際の狙いは別にあるので大丈夫です。早いうちにGXワザを消費することによって、2進化軸には嬉しい「ハラ」を生かすことができます。これにより、7枚の引き直しが可能になります。狙いはどちらかというとこっちの方。
「N」を使われたら、使われたで平気な顔で構えていればいいですし、使われなかったら使われなかったでアドバンテージ。



スタジアム対策とダストダス対策に「フィールドブロアー」

デッキの枠がカツカツになるため、今回はスタジアムを採用しませんでした。その代わりに採用したのが「フィールドブロアー」。これにより、相手の「スタジアム」をトラッシュすることができます。また、「ダストダス」についている道具もトラッシュすることができますね。

え?1枚だけじゃ意味ないって?
・・・そんなの知りません。(((

この「フィールドブロアー」は大事に使ってください。(ぇ

スタジアム「サイレントラボ」は必ずトラッシュしないと、「カプ・テテフGX」によりサポートカードを持ってくることができないため、採用しております。

以上ですね。



【このデッキの弱点】

ダストダス。

「ダストダス」と言っても、サンムーンシリーズの「ダストダス」ではなく、特性:「ダストオキシン」をもった「ダストダス」になりますね。この「ダストダス」が居た場合、特性を使うことができないため、ヤバイっす。

正直、「ソーナンス」ならどうにでもなるんで頑張りましょう。

関連記事
スポンサードリンク

メタグロスGX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。