ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【発売前考察】ダークライGXで可能なコンボをまとめたよ。

ダークライGX。
次の強化拡張パック第2弾の注目株の1枚。

ダークライGX

『ダークライGX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ダークライってカッコいいし、流行ると思います。

それを狩りにくる闘タイプもまた流行りそうですね。

珍しい効果を持ったポケモンという事で研究のし甲斐が有ると思います。
・・・というわけで発売前の現時点で可能なコンボを色々と考えてみました。

続きを読むよりどうぞ。








「ダークライGX」って色々な可能性を見せてくれますね。

順を追っていきましょうか。

①「バトルコンプレッサー」


バトルコンプレッサー

『バトルコンプレッサー』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



わかりやすいコンボですね。山札から「ダークライGX」と「基本悪エネルギー」をトラッシュすることでコンボが成立します。

スタイリッシュ度:★☆☆☆☆
・誰でも思いつくレベル

②「ハイパーボール」&「マーマネ」


ハイパーボールマーマネ

『ハイパーボール』 / 『マーマネ』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



手札を2枚トラッシュしないと使うことができませんが、手札に来てしまった「ダークライGX」をトラッシュすることでデメリットを無効化出来ます。一緒に「基本悪エネルギー」をトラッシュできると良いですね。「ダークライGX」をコストに他のポケモンが持ってくることができたり、手札を増やすことができるのは美味しいと思います。


スタイリッシュ度:★★★☆☆
・プレイングとしてはテクニックポイント高。

③「プラターヌ博士」


プラターヌ博士

『プラターヌ博士』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



狙いは「ハイパーボール」と同じ。手札に来ても「ダークライGX」ならトラッシュに巻き込んでも問題なし。一緒に「基本悪エネルギー」をトラッシュできたら格好いい。手札が9枚になったような感じですね。

スタイリッシュ度:★★★☆☆
・プレイングとしてはテクニックポイント高。

④「ピーピーマックス」


ピーピーマックス

『ピーピーマックス』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



スピード勝負向きのコンボ。バトルコンプレッサーと合わせることで1ターンで攻撃に転じることができる。速効系のデッキに対して対抗策になるコンボの1つ。なお、運を味方につける必要があるため、これができるのは美男美女に限る。

スタイリッシュ度:★★★★☆
・ありがちなコンボだが運を味方につけている分、高評価。なお決まらなければ諦めよう。

⑤「MレックウザEX」


MレックウザEX

『MレックウザEX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「エメラルドブレイク」の火力UPにも使えますし、相手にスタジアムを割られた時にベンチのリカバリーとしても使うことができます。「スカイフィールド」がトラッシュされ、8匹いたベンチが5匹になっても大丈夫。

また、「ダークライGX」自身がダメージの大きいワザを持つため、「MレックウザEX」の代わりに戦うこともできちゃいます。なんだかんだで相性の良さそうな組み合わせ。悪エネルギー軸の「レックウザデッキ」は流行りそうですね。

スタイリッシュ度:★★★★☆
・リカバリーに使える点がとても大きい。


⑥「MサーナイトEX」


MサーナイトEX

『MサーナイトEX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



用途は「MレックウザEX」と同じ。トラッシュしても戻ってこられるし、代わりに戦ってもらう事もできちゃいます。こちらもなんだかんで相性の良さそうな組み合わせ。

スタイリッシュ度:★★☆☆☆
・割と思いつきやすい組み合わせ。


⑦「ダークライEX」


ダークライEX

『ダークライEX』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「ダークライEX」の「あくのはどう」とのコンボ。とはいえ、増えるのは「ダークライGX」1匹につき、「基本悪エネルギー」が1枚。決まってもそんなに強くないが、巻き返しが見込める点では良いコンボ。

スタイリッシュ度:★☆☆☆☆
・これだけ決まってもそんなにインパクトは無い。


⑧「エンニュート」


エンニュート

『エンニュート』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「バトルコンプレッサー」&「ピーピーマックス」と合わせることで一撃必殺コンボをすることができる。やられたらたまったもんじゃない。しかも、コンボにサポートは必要ないことから、「フラダリ」を用いることで好きなポケモンを一撃必殺できてしまう。「エンニュート」に限らず、「アリアドス」、「スリーパー」、「カラマネロEX」、「ゴースト」など、このコンボを可能にするポケモンは他にも存在する。タイミングの読めないコンボだったり。

スタイリッシュ度:★★★★★
・典型的なコンボだが、1ターンでこれを完成させられると空いた口がふさがらない。


⑨「パラレルシティ」


パラレルシティ

『パラレルシティ』  引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ダメージを受けて弱ってしまった「ダークライGX」をベンチに戻し、「パラレルシティ」を使ってトラッシュ。スタジアムをトラッシュできれば、再度「ダークライGX」を立て直すことが可能。

「ダークライGX」をベンチに戻す。→「パラレルシティ」→「ダークライGX」をトラッシュ→「こわいおねえさん」→特性:「リザレクション」→「ピーピーマックス」→エネルギーをつける。→「ダークライGX」をバトル場へ。→復活。

*1ターンに「にげる」は1回しか使えないため、ベンチに戻したり、バトル場に出す際には「あなぬけのひも」や「ポケモンいれかえ」を使う必要があります。

スタイリッシュ度:★★★★★
・「ダークライGX」を上手く生かした戦術。カッコいい。




・・・以上で紹介は終わりです。気になるコンボや参考になるコンボは有ったでしょうか??皆さんも是非このカードを研究してみてください。
関連記事
スポンサードリンク

ダークライGX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。