ポケたま。

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コラム】環境考察と「メタグロス&カプ・コケコ」

「メタグロスGX」はやっぱり環境の中心になってくると思います。そのポテンシャルは十分持ち合わせてると思うんですよね。特に次の名古屋で一番のピークを迎えることになるだろうって考えております。


でもこれ、割と本気でそう思ってます。

メタグロスGX

『メタグロスGX』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ただ、活躍が期待しているのは「メタグロスGX」と「ダダリン」の組み合わせではありません。

何かとの組み合わせであることには変わりないのですが、わたくしが注目している組み合わせってなんだか解りますか??

正直な所、自信のある予想であることからも、チャンピオンズリーグが終わるまで公開したくなかったのですが、いつもブログを見てくださってる方に出し惜しみするのも如何なものか、と。

ブログをやっている以上、一人でも多くの人に見てもらいたいし、また、ポケモンカードを始めるきっかけにもなりたいと思っています。たまにはガチな記事を書いてみよう。


続きを読むよりどうぞ。









今回のコラム記事のタイトルは『環境考察と「メタグロス&カプ・コケコ」』です。

「メタグロスGX」の事については過去記事でも何度が触れてきました。

【コラム】次のチャンピオンズリーグで優勝するデッキを予想してみよう。
新弾カード、評価の変化しそうなカードたち。

それくらい、当ブログの管理人はこのカードに注目しているわけですね。


さて、今の環境を読んでみましょうか。

今の環境において考慮すべきことを挙げていきますね。

HP170のポケモンを一撃で倒せる要素が欲しい。



HP170を一撃で倒せるか否かというのは、昨今の環境を考える上で大事な基準になります。これをクリアできるデッキが上位に入ってくることになります。

現時点でこれが可能なデッキは以下の感じ。

・「アローラキュウコンGX」 + 「ククイ博士」 or 「各種ハチマキ」
・「メタグロスGX」 + 「ダダリン」の特性「はがねつかい」×2
・「ボルケニオンEX」 + 特性「スチームアップ」×2
・「MレックウザEX」の「エメラルドブレイク」

・・・などなど。

サポートやグッズ、特性を合わせても問題ないです。とりあえず、HP170のポケモンを一撃で倒せる要素が有れば何でも良いです。

なぜ170なのか?

それは、第2弾「アローラの月光」で収録された「カプ・テテフGX」のHPが170であるからです。このポケモンを一撃で倒せる要素が有るか否かが非常に大切になってきます。

カプ・テテフGX

『カプ・テテフGX』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



このポケモンはサポートだけではなく、主戦力としても戦うことができるため、放置するとかなり厄介です。

最後のサイドを取りたい場合や、もしくは序盤からのサイドレースに勝つためにもこの条件はクリアしておきたいところですね。

HP170を一撃で倒せる要素を持っていれば、「カプ・テテフGX」に限らず多くのポケモンに対して有利な立ち回りが取れるようになってきます。そのため、結果的にはこの要素を含んだデッキが上位に入ってくるようになるわけですね。ワザのダメージのみに依存するのではなく、「ククイ博士」や「こだわりハチマキ」はデッキに入れてチャンスを狙いましょう。

また、やり方次第ですが、一撃で倒す代わりに2ターンかけても良いと思います。

公式サイトにて宮城で入賞したデッキレシピを確認することができるようになりました。チェックしてない方はチェックしてみましょう。

チャンピオンズリーグ@宮城にてワンツーフィニッシュを飾った「チームアチャモ」。

彼ら6人ともが採用していたカードに「カプ・コケコ」がありました。

カプ・コケコ

『カプ・コケコ』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



この「カプ・コケコ」って色んな使い方ができると思ってます。器用に使えるカードって大体どのデッキにも入るので戦略を広げてくれるのに一役買ってくれそうですね。

「カプ・コケコ」が活躍する理由・・・。

それは、ワザ「かいてんひこう」によって相手のポケモン全員に20ダメージを与えられるからなんです。

だから何?って言われそうですが。

よく考えてみてください。

①一撃では倒されなかったけど、一発で150ダメージを受けてしまった。
②一撃では倒されなかったけど、20ダメージですんだ。

①と②はプレイヤーの心理です。

①の場合は回復ソースなどが有ればすぐに使いたくなってしまいますね。「AZ」や「アセロラ」、「まんたんのくすり」を使われてしまう可能性が大幅に上がるわけです。こうなると、先ほどの一撃がもったいないですね。

②の場合はダメージが低い分、相手は回復ソースを使う事を躊躇うようになります。使うともったいないんですよね。

・・・てなわけで。

「カプ・コケコ」のワザ「かいてんひこう」が決まってしまえば、相手の場に20ダメージがばら撒かれることになります。

つまり、170の基準を20下げて150に読み替えることができるようになります。一撃で150ダメージ以上を出せるワザを持つポケモンも増えましたので、サポートやハチマキを使う必要が減るため、プレイヤーの負担も軽減されるわけですね。

・アローラキュウコンGXのブリザードエッジ160
・メタグロスGXのギガハンマー150
・バクガメスGXのぐれんのほのお160

1ターンを犠牲にしますが、代わりにポケモンのワザの威力を疑似的に上げることができるんです。後はダメージを乗ったポケモンを攻撃すれば、自然と一撃で倒せるようになりますよね。

これがおそらく「カプ・コケコ」を採用する大きな理由でしょう。

この点に意識すれば、「カプ・コケコ」の強さが見えてくるかと思います。


では、これらを踏まえたうえで今回注目している組み合わせを発表しましょう。


「メタグロス(GX)」&「カプ・コケコ」メタグロスカプ・コケコ



メタグロスGXカプ・コケコ

『メタグロスGX』 / 『カプ・コケコ』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



おそらく、この構成が上位に入賞するんじゃないかなって思ってるんです。割と本気で。

理由①:HP

一撃170のダメージ基準は、多くのプレイヤーが何となく感じているかもしれません。逆にいうと、このダメージを耐えなければ勝ち上がれないということになります。つまり、これを耐えられるポケモンである必要性があるわけです。

この点については「メタグロスGX」のHPが250ですのでクリアしていることになりますね。

理由②:「マグネットワープ」と「にげる」の相性

メタグロス

『メタグロス』
引用元:ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



この「メタグロス」との組み合わせの相性は非常に良いですよ☆

「メタグロス」の特性:「マグネットワープ」と、「カプ・コケコ」のにげるに必要なエネルギーがゼロである要素。非常にマッチしております。

特性:「マグネットワープ」
自分のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。その後、相手は相手自身のバトルポケモンをベンチポケモンと入れ替える。この特性は、自分の番に1回使える。



また、この「メタグロス」がEXでもGXでもないため、新しく収録される「アローラキュウコン」の「ひかりのけっかい」を突破することもできます。

「ダダリン」と組み合わせることで相手の動きを縛ることも可能になります。ワザ「アンカーショット」は相手のポケモンがにげられなくなるワザなので、エネルギーのついていないポケモンを相手が出した場合、相手が何もできなくなる可能性もありますね。


理由③:「カプ・コケコ」の抵抗力

私と同じような考えでくるプレイヤーは鋼デッキを使ってくるかと思います。その鋼タイプに対して「カプ・コケコ」は抵抗力を持っているんです。ミラー戦を有利にするためには良い要素ですよ。


以上のような理由から次の大会で活躍が見込まれるデッキタイプであると考えました。どうでしょうか。参考になったですかね??
関連記事
スポンサードリンク

メタグロスGX カプ・コケコ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。