ポケたま。

ARTICLE PAGE

【新弾】拡張パック「キミを待つ島々」「アローラの月光」【カードレビュー】

移設しました。→http://kiru02pokeca.com/archives/144

slider0.jpg

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


目次



【拡張パック】 キミを待つ島々「カプ・コケコGX」
「バクガメスGX」
「アローラキュウコンGX」
「ジャラランガGX」
「グソクムシャ」
「ビクティニ」
「ゴーリキー」「カイリキー」
「ハピナス」
「ジジーロン」
「キュワワー」
「ハラ」
「エネくじ」
「フィールドブロアー」
「エーテルパラダイス保護区」



【拡張パック】 アローラの月光「ルガルガンGX」
「ヨワシGX」
「カプ・テテフGX」
「メタグロスGX」
「ボクレー」「オーロット」
「エンニュート」
「シャンデラ」
「アローラゴローニャ」
「メテノ」
「ミミッキュ」
「ダストダス」
「ダダリン」
「ドンカラス」
「ヌメルゴン」
「マオ」
「アクアパッチ」
「レスキュータンカ」
「せせらぎの丘」



【60枚構築済みデッキ】 カプ・ブルルGX「カプ・ブルルGX」
「カプ・コケコ」
「マーマネ」


すべてのカードがレビュー対象ではありません。
追加の要望は受け付けますよ。

↓「続きをよむ」よりどうぞ。








キミを待つ島々



カプ・コケコGX カプコケコGXカプコケコGX


カプ・コケコGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「エアロトレイル」
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。自分の場のポケモンについている雷エネルギーを好きなだけ、このポケモンにつけ替える。つけ替えた場合、このポケモンをバトルポケモンと入れ替える。

奇襲性に長けた特性を持ってますね。

基本エネルギー限定ではないので、マルマインやレインボーエネルギーも大丈夫です☆
カプ・コケコGXのおかげで雷ポケモンがだいぶ使いやすくなり、流行りそうな予感がします。

この手の特性はわたくし大好きです。

昔、よくスターターに入っていた「レックウザex」を使ってたなぁと思いだしました。
「ドラゴンバースト」で「レインボーエネルギー」をトラッシュするやつじゃなくて、
「デオキシスex」と「レックウザex」の構築済みスターターが出た時のやつです。

pr.jpg
*画像は「遊々亭」より引用。

このカードも強かったなぁ。皆使ってなかったけど・・・(@_@;)
このカードのおかげで、「カメックスex & ルギアex + ホロンのマルマイン」や「ハッサムex単デッキ」が環境トップを占めていた当時の大型公式イベント「バトルロード サマー 2006」初めて予選を勝ち抜けられたのは良い思い出です;; ポケカ人生で初めてベスト8入りした大会でした。 このネタが通ずる人はこのブログを読んでくださってる方の中に居ますかね・・・。

ワザ:「てんくうのツメ」
130の固定ダメージ。

130の固定ダメージ。
1進化のGXポケモンでも、130を超える固定ダメージはなかなか無いです。
純粋に強いですね。

GXワザ:「カプサンダーGX」
相手の場のエネルギーの数×50ダメージ。

確実に相手を仕留めることが出来るワザ。
最後のサイド1枚をとる時に重宝する一手ですね。

他にも、相手の場の中で一番強いポケモンに使う事で、
そのまま押し切れる可能性を見せてくれます。




そういえば「カイリューEX」も同じような特性持ってますね。

「カイリューEX」とは正直あんまり縁が無いんですが、
この「カプ・コケコGX」には運命的なものを感じます・・・(ぇ

個人的にはめちゃくちゃ使いたいと思うカードですね。
「レックウザex」が無かったら今のポケカ人生は多分無かったと思う今日この頃。

「カプ・コケコGX」を含む「守り神ポケモンのGX」は弱点を持ってないため、相手のタイプを気にせず戦うことが出来るのは非常に良い点ですね。

「にげる」に必要なエネルギーが2つ必要なのは調整の結果なんでしょうかね。

評価:★★★★☆



バクガメスGX



バクガメスGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「トラップシェル」
このワザを使った次の相手の番、このポケモンがワザのダメージを受けた時、ワザを使ったポケモンにダメージカウンターを8個乗せる。

使うとイマイチ、使われると死ぬほど嫌だ。そんなワザです。
「炸裂バルーン」と合わせると相手の顔がますます険しくなりますよ(゜-゜)

とはいっても、勝負どころでない限りは何かしらの対策を取られるでしょう。
「フラダリ」、「あなぬけのひも」などなど・・・。

ワザ:「ぐれんのほのお」
固定160ダメージ。このポケモンについている炎エネルギーを2個トラッシュする。

このレギュレーションに「たきつける」みたいな効果あったら絶対使ってたなぁって思うワザ。

DP~DPtシリーズでは「バクフーン (DP2)」のポケパワー「たきつける」を軸にしたデッキをよく愛用していました。懐かしい((+_+))

ダメージはとても大きく、「こだわりハチマキ」をつけようものなら進化してない「EX/GXポケモン」は一発で吹っ飛びますよ。
なんなら流行の「ボルケニオン」デッキに入れようもんなら・・・。

あぁ・・・考えるだけで恐ろしい。( ̄Д ̄;)

GXワザ:「ニトロタンクGX」
トラッシュにある炎エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。

「ソルガレオGX」と似たようなGXワザ。
時と場合によりますが、このワザは「ソルガレオGX」の「ソルバーストGX」の上位互換のようにしか思えないです。

「バトルコンプレッサー」を最初の後攻の番に使おうものなら、後攻の最初の番でワザが使えるのでそのまま場を整えることができますね。

ただ、回収できるのは炎エネルギーのみなので、炎デッキにしか入らないと思われます。



スペック的には炎タイプの拘束が強いため、入れるとするなら間違いなく炎タイプが主軸のデッキになるでしょう。

・・・ということは、「ボルケニオン」デッキの新戦力という事でしょうか。
「ボルケニオンEX」の一撃よりも重い一撃を喰らわせることが出来ると考えると採用はされるんでしょうね。

「バクガメスGX」は「ボルケニオンEX」みたいに特性を持っておらず、高火力を叩き出せるため、特性を封じてくる相手への対策として使われそうな気もします。「Mミュウツー&ダストダス」デッキに対しては強そうな印象。

次の環境でも、炎タイプと草タイプは対策必須ですね。
弱点を付ける「ブイズエフェクト」はもっと需要が伸びそうですね。(^O^)

評価:★★★★☆



アローラキュコンGX



アローラキュウコンGX

『アローラキュウコンGX』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「こおりのやいば」
相手のポケモン1匹に50ダメージ。

バトル場、ベンチ問わずダメージを飛ばせる使いやすいワザ。
火力面では進化前のポケモンを狩るためにも、後10ダメージ欲しいところ。

ワザ:「ブリザードエッジ」
160の固定ダメージ。2個エネルギーをトラッシュする。

160ダメージはとても強力。「こだわりハチマキ」を合わせれば190まで打点をあげることができる。
ほとんどのEXポケモンは1撃で沈むので、サイドレースではとても優秀なワザ。
ただ、水タイプでエネルギートラッシュする効果は非常に重い・・・。

GXワザ:「クリアゲートGX」
このポケモンにのっているダメージカウンターを全て相手のバトルポケモンにのせかえる。

一度限り使える全回復ワザ。自分にのっているダメージカウンター分のダメージを与えるという意味でもある。中打点を軸にするデッキに対しては刺さるワザ。




管理人の大好きな「キュウコン」のリージョンフォームがGXポケモンになってカードに参戦しました。これはさすがに使いたい。さっそくながら、デッキレシピを考案しちゃいました。(^o^)/

アローラキュウコンGX単デッキ
コラム:「アローラキュウコン」で世界を取りたい。

おそらくレギュレーション落ちまで使いそうなカード。

160ダメージを与えられる「ブリザードエッジ」は連打できるとかなり強いです。
デッキを考える上では、ここがカギになると思います。
ちなみにゲームでは氷タイプですが、カードだと水タイプのため、ダイブボールの対象になりますよ。

評価:★★★☆☆


ジャラランガGX



ジャラランガGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「こんごうブレス」
固定30ダメージ。次の相手の番、このポケモンの受けるダメージは「-30」される。

ワザを使えば、次のターンに受けるダメージを減少することが可能。
弱った相手をこのワザで倒すことが出来ればアドバンテージを得ることができる。

ワザ:「ひきさく」
固定130ダメージ。相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。

エネルギーが4つと少し重めですが、ドラゴンタイプの為、「W無色エネルギー」と「Wドラゴンエネルギー」でワザが使えるようになりますね。

GXワザ:「ゲキアッパーGX」
固定240ダメージ。


2進化のGXポケモンには10ダメージ足りないですが、ほとんどのポケモンを1撃で倒すことができる。
場で邪魔なポケモンが出てきてもフラダリを使えば倒してしまえるのは良いですね。




ドラゴンタイプのポケモンGXが登場しましたね。
固定ダメージのワザが多いため、この「ジャラランガGX」は闘タイプらしい癖のない使いやすいカードだと思います。通常ワザの「ひきさく」とGXワザの「ゲキアッパーGX」に必要なエネルギーは同じなため、使い分けが出来るのも評価できます。ただ、火力がもう少し欲しいなというところ。

評価:★★☆☆☆



グソクムシャ


グソクムシャ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「そうこう」
→このポケモンが受けるダメージは「‐30」される。

「‐30」とは大きく来ましたね(@_@)
「かたいおまもり」なんかと合わせると高い防御力を誇ります。
なお、「エーテルパラダイス保護区」は「たねポケモン」でないため、対象外です。

「ブラッキーGX」の「シャドーバレット」が無効化された・・・・。(T_T)

ワザ:「かくごのつめ」
→相手のバトルポケモンがGXまたはEXである場合、70ダメージを追加する。

よくある「EX、GXに対する対策技かー」で終わったらダメですよ。
これヤバいっすよ。このワザ、まじでヤバいっすよ。

たかが「80 + 70」 の 「150ダメージ」じゃないかって??

まぁ、そうですが。

ところで、強化拡張パック「サン&ムーン」に何が入っていたか覚えてますかね。。。??










ラランテスこだわりハチマキ

ラランテス こだわりハチマキ ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



つまり、言いたいことはそういうことなんですよ。

なんと「200ダメージ」!!

「ブラッキーGX」のHPって200なんですよ。

ヤバくないですか、一撃で葬り去られますよ。(T_T)




この「グソクムシャ」のおかげで草ポケモンがさらに強くなってしまいました。
「グソクムシャ」の場合、エネルギーの拘束が弱いので、草タイプのデッキに限らず入るのではないでしょうか??

わたくしの苦手な「ボルケニオン炎デッキ」は環境に居続けることになるんですね、わかりました。(+_+)

ちなみに、「グソクムシャ」は特性のおかげで耐久力も優れております。

「ボルケニオン」に対しても実は強く出られると思いますし、場合によっては耐久力を底上げすることもできちゃいます。

こんな組み合わせはいかがですかね。

シャワーズうねりの大海

シャワーズ うねりの大海 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「シャワーズ」の「アクアエフェクト」により、「水タイプ」を付与。そのおかげで「うねりの大海」の恩恵を受けられるようになります。
ついでに「ボルケニオン」の弱点をつけ、かつ「グソクムシャ」との特性と合わせ、耐久力を上げる最強の組み合わせ。しかも、「ラランテス」もセットにするととんでもないデッキが仕上がります(予定では)。

評価;★★★☆☆



ビクティニ



ビクティニ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「しょうりのほし」
ワザでコインを使った場合に投げ直しが可能にできる。

不確定なコイン依存なワザの期待値を上げることができる特性。とはいえ、コインに依存するワザはあまり使いたくないことからも活躍の場は限られる。

ワザ:Vフレイム
固定50ダメージ。




採用基準は特性を使いたいかどうかというところでしょうか。
上記にも書いた通り、コインに依存するワザって人気が無いので活躍の場は限られそうな気がします。
ビクティニは炎タイプですが、コインなら関係ないのでワンチャン狙ったデッキに入りそうな気もします。

評価:★☆☆☆☆



ゴーリキー&カイリキー



ゴーリキーカイリキー

『ゴーリキー』 / 『カイリキー』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



・ゴーリキー

特性:「におうだち」
このポケモンがいる限り、自分のベンチポケモン全員は、相手のワザのダメージを受けず、相手のワザや特性によるダメカンものらない。

流行のジュナイパー対策として使うことができる。高めのHPも伴って頼もしいカード。大型大会だと1枚はデッキに欲しい。ベンチにいるだけで機能するのが素晴らしい。

・カイリキー

ワザ:「おれいまいり」
前の相手の番に、相手がとったサイドの枚数×80ダメージを追加。

ワザ:「じこくぐるま」
150ダメージ。このポケモンにも30ダメージ。




「カイリキー」はワザ:「おれいまいり」が非常に強力なワザですが、使える場面が限られているため微妙な印象。
また、限られた場面の為だけに2進化を採用するのは逆効果だと思います。「カイリキー」には進化させず、「ゴーリキー」のままで優秀な特性を使わせてもらいましょう。

評価:★★★☆☆(ゴーリキー)
評価:★★☆☆☆(カイリキー)


ハピナス



ハピナス

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「うみたてタマゴ」
このカードを手札から進化させたとき、1回使える。自分のバトルポケモンのHPを80回復する。

非常に強力な特性。耐久力に長けた水タイプのデッキに入れることで耐久力を上げることができる。

ワザ:「すてみタックル」
160ダメージ。代わりにこのポケモンにも80ダメージ。

強力な一撃を与える代わりに自分のHPの半分のダメージを受けてしまう。ワザに必要なエネルギーからも安易に使えるワザではない。




なにか可能性を感じさせる、そんなカード。特性は非常に強力なため、デッキに入れたいのですが、その他の面があまり良くないですね・・・。ワザを使うためのエネルギーや「にげる」に必要なエネルギーも多いことからエネルギー加速、もしくはトラッシュから場にエネルギーを持ってくることのできる効果を持ったカードとの組み合わせが前提な感じです。新弾でいえば「メタグロスGX」のようなポケモンですかね。最後のサイドを取る場合であればデメリットは無いも同然なのでベンチに待機させておくのも有りかなと思いました。

評価:★★☆☆☆


ジジーロン



ジジーロン

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「ためる」
山札から基本エネルギーを1枚選び、このポケモンにつける。

ワザ:「パワーサイクロン」
80ダメージ。このポケモンについているエネルギーを1個選び、自分のベンチポケモンに付け替える。




後攻スタートであれば、開幕からエネルギー加速を可能とするワザ「ためる」。また、次の番ではワザ「パワーサイクロン」により、ベンチポケモンのエネルギーを加速させることができます☆
スペックとしては非常に使いやすいスペックだと思いますね。・・・の割に使われない理由はワザ「パワーサイクロン」の火力によるものだと思ってます。
GXでない分、火力は低めですが、「こだわりハチマキ」を付けることで「シェイミEX」は一撃で倒せます。また、とられるサイドは1枚なので、序盤の展開役に欲しいカードです。

評価:★★★★☆


キュワワー



キュワワー

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「フラワーガード」
このポケモンがいる限り、自分のポケモン全員は特殊状態にならず、受けている特殊状態は全て回復する。

ワザ:てんしのキッス
30ダメージ。相手は山札を1枚引く。




特殊状態を受けない特性は非常に強力なのですが、現環境で特殊状態になる確率は少ないため、活躍の場は今のところ見当たりません。今後発売されるパックで特殊状態をギミックに組み込んだデッキなどが出てくれば評価は大きく上がってくるカードだと思います。

評価:★★☆☆☆


ハラ



ハラ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


一旦山札に戻して4枚ドローするカード。ただし、既にGXワザを使用していた場合は7枚ドローが可能。

GXワザをすぐに使ってしまいたいポケモンを採用している場合は「N」の枠をこちらに割いた方が良さそうなカード。「ソルガレオGX」や「メタグロスGX」のデッキでは使いやすいサポートカードになるんじゃないでしょうかね。特に2進化を軸とするデッキであれば、進化に必要なカードを「プラターヌ博士」で切ることもなくなるので嬉しいサポートカードだと思います。ただ、GXワザを使う頻度が少なければデッキには入らないカードでもありますね。

評価:★★★★☆


エネくじ



エネくじ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


自分の山札の上から7枚見て、その中にあるエネルギーを1枚、相手に見せて手札に加える。

”エネルギー”と書いてあるため、この場合は特殊エネルギーも対象に含まれます。基本エネルギーだけでなく、特殊エネルギーを持ってくることができるのは、とても良いですね。しかし、不確定要素のある「エネくじ」ではなく、自分は確実性のある「はかせのてがみ」の方が無難だと思います。特殊エネルギーについては「プラターヌ博士」で引いてこられるので、デッキの枠を割いてまで入れるかどうかは怪しいです。

評価:★☆☆☆☆


フィールドブロアー



フィールドブロアー

『フィールドブロアー』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


場にあるスタジアム、ポケモンのどうぐを2枚まで選びトラッシュする。

「スタジアム」と「ポケモンのどうぐ」を同時にトラッシュすることができるグッズが登場。これは評価高いですよ。「ポケモンのどうぐ」を全てトラッシュできる「びっくりメガホン」が有りますが、どうせトラッシュする場合は1枚、2枚のもんなんで、上位互換カードだと考えていいと思います。

評価:★★★★★


エーテルパラダイス保護区



エーテルパラダイス保護区

『エーテルパラダイス保護区』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


お互いの草、雷タイプのたねポケモンが受けるダメージは「-30」される。

「カプ・コケコGX」、「カプ・ブルルGX」にピンポイントなスタジアム。効果としては優秀で、これが有ればHPも疑似的に30上げることができますね。恩恵を受けることのできる主力ポケモンも限られているため、「カプ・コケコGX」、「カプ・ブルルGX」をメインにしたデッキでない限りは必要ないかと思います。

評価:★★☆☆☆



アローラの月光



ルガルガンGX (まよなかのすがた)


ルガルガンGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「ブラッディアイ」
手札から出して進化させた時のみに使うことができ、相手のベンチポケモンを選びバトルポケモンと入れ替えられる。

つまり、「フラダリ」。弱いわけがないです。とても優秀な特性です。

ワザ:「ツメできりさく」
110ダメージ。

「ルガルガンGX (まひるのすがた)」と同様に火力そのものはどちらかと言うとひかえめな印象。
それでも、自身の特性と合わせれば十分な気もする。

まだ「ストロングエネルギー」を使える環境下なので、
闘タイプの火力は低くてもいくらでも強化できちゃいますね・・・(・・;)

GXワザ:「デスローグGX」
相手のベンチポケモンの数×50ダメージ。

自身の特性と合わせれば、好きなポケモンを高確率で気絶させることができるワザ。
「スカイフィールド」下であれば最大で400ダメージまで伸ばせてしまうんですね。。。。




「カプ・コケコGX」同様に奇襲性に優れる特性を持ち、同様に相手のポケモンを高確率で倒すことが出来るGXワザを持ってます。使いやすさは別として、スペックは似てるんじゃないですかね。

「ルガルガンGX」の場合はGXが2種類目になるので、どちらに進化するのか読みにくくなったのも戦略としては幅を広げられていると思います。

※ただし、「ルガルガンGX」という名前のカードなので60枚デッキでは「まひるのすがた」と「まよなかのすがた」を合わせて4枚までしか入れることが出来ません。

評価:★★★★★



ヨワシGX


ヨワシGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「みずてっぽう」
1エネルギーからの固定20ダメージ。

ワザ:「ばくりゅうのうず」
120の固定ダメージ。相手の特殊エネルギーをトラッシュする。

ワザの威力が大きく、相手の特殊エネルギーもトラッシュできるワザ。
しかし、「アシレーヌGX」のワザ「うみなり」の下位互換のようにしか感じられないのは痛い。

GXワザ:「ブルーサージGX」
固定220のダメージ。このポケモンについているエネルギーを全てベンチポケモンに好きなように付け替える必要がある。(ベンチが居ない場合はこの効果は無いものとして扱う。ただし、220ダメージは与えられる。)
220ダメージの超火力。その引き換えにエネルギーを全て失ってしまう大技。
トラッシュでないだけまだマシですが、エネルギーを容易につけかえられるギミックと合わせたい。




HPも高く、技に必要なエネルギーも多いためホエルオーのような枠。
カードのクセも強く、使う人を選ぶような気がしてならない。
アクアパッチによるエネルギー加速で活躍できそうですが、そこまでするかなぁ・・・という印象。

評価:★☆☆☆☆


カプ・テテフGX カプテテフGX


カプ・テテフGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


特性:「ワンダータッチ」
手札から場に出した時、好きな「サポート」を山札から1枚持ってくることが出来ます。

ドローソースの「プラターヌはかせ」、勝負を決める「フラダリ」や「ククイはかせ」。ここぞというときに色々持って来れるのはありがたい。「センパイとコウハイ」を持ってきて、そのまま好きなカードを持ってくるなんて動きも可能に。(゜゜)

また、最初の番に使うことで、「リーリエ」を生かすことができます☆

ワザ:「エナジードライブ」
おたがいのバトルポケモンについている「エネルギー」の数×20ダメージ。(弱点・抵抗力の計算はしない。)

このワザのおかげで戦えるスペックに。
無色2個で使えるワザなので「W無色エネルギー」を使えば奇襲攻撃も可能ですね。
弱点・抵抗力の計算をしないのは調整でしょうかね。

・・・最近、エネルギーの数に依存するワザが非常に増えましたね。
安定しやすいので強いワザです☆

GXワザ:「カプキュアーGX」
自分のベンチポケモン2匹のHPを全回復する。

効果だけ見れば、「アシレーヌGX」のGXワザの下位互換。
でも自身の汎用性の高さから、下位互換にもなりきれてない模様。



特性、技、全てにおいて汎用性が非常に優れてます。
ワザもエネルギーの拘束が弱いので、入れるデッキを選ばなくて済みます。

間違いなく今回のトップレア枠でしょう(*^^)v
採用率も「シェイミEX」に並び、ダントツだと思います。

「シェイミEX」を使わないわたくしでも、このカードは入れる(゜-゜)
なので、採用率は「シェイミEX」以上でしょう(^o^)/

4枚積するかどうかは個人の判断ですが、
個人的には「シェイミEX」の4枚積は有りだと思いますが、
この手のカードは1~2枚がちょうどいいと思いますよ。

とりあえず、当たればいれます!

評価:★★★★★


メタグロスGX


メタグロスGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


特性:「ジオテックシステム」
トラッシュから鋼エネルギーまたは超エネルギーを1枚選び、自分のバトルポケモンにつける。

鋼タイプだけでなく、超タイプも恩恵を受けることのできるワザ。2種類のエネルギー加速を可能にするため、2タイプ軸でのデッキ運用を楽に行えるようになる。エネルギーの数を参照するワザを持つポケモンとも相性が良いので、ワザ「バーストボール」を持つ「ミュウツーEX」や、ワザ「エナジードライブ」を持つ「カプ・テテフGX」は良いかもしれない。

ワザ:「ギガンティックハンマー」
150ダメージ。次の自分の番、「ギガンティックハンマー」は使えない。

GXワザ:「アルゴリズムGX」
自分の山札から好きなカードを5枚選び、手札に加える。

好きなカードを加えられるのは非常に優秀ですね。「N」を使われるオチが見えますが。




特性やワザのデメリットの組み合わせから、互いにデメリットを打ち消すことのできる「ソルガレオGX」や拡張パック「バンデッドリング」に収録されていた「メタグロス」との相性が非常に良いです。「メタグロスGX」を使うデッキであれば、この辺が相方になるのではないかと思います。

評価:★★★☆☆


ボクレー&オーロット


ボクレーオーロット

『ボクレー』 /  『オーロット』ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



・ボクレー

公開されたときに世間をにぎわしたカード。ボクレーが草タイプの為、先攻1ターン目からスタジアム「巨大植物の森」を経て、超タイプのオーロットに進化できるようになった。何がヤバいって1ターン目から相手はグッズを使うことができなくなる・・・そんな恐ろしいことが起きようって言うんだから、そりゃもう賑わいますよね(ぇ

巨大植物の森オーロット(超)

『巨大植物の森』 /  『オーロット』ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



・オーロット

今回は草タイプでの収録。

ワザ:「ポルターガイスト」
相手の手札を見て、その中にあるトレーナーズの枚数×30ダメージ。

この対象になるのは"トレーナーズ"なので、グッズのみならず、サポートやスタジアムも対象。手札の枚数にもよりますが、「N」やグッズロックによって手札を調節されたらたまったもんではない。

評価:★★★☆☆(両方)


エンニュート



エンニュート

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「ホットポイズン」
手札から進化させたときに1回使うことができ、相手のバトルポケモンを「どく」と「やけど」にする。

「やけど」の特殊状態の扱いがルールで変更されたため、「やけど」状態で番を終えると「20ダメージ」を確定で受けるようになった。つまり、「どく」の特殊状態と合わせることで、番が終わり「ポケモンチェック」を迎えた時点で「30ダメージ」を確定で受けるようになる。

なので、この特性はバトルポケモンに30ダメージを与える特性とも考えることができますね(^-^*)

ワザ:「かえんほうしゃ」
90の固定ダメージ。このポケモンについているエネルギーを1個トラッシュする。

地味に強力な90の固定ダメージ。自身の特性と合わせれば、120ダメージを与えることが出来ます。




この特性はベンチで進化させても使えるため、ベンチから火力補正をかけられると考えると使い道がいろいろ考えられますよ。ワザを使うことが前提でなくても、言葉は悪いですが火力補正のみの目的として特性を使い、そのままトラッシュするコンボが思いつきました。

そうです、チャンピオンズリーグ@大阪でも入賞した「MサーナイトEX」です。使うかどうかは人それぞれでしょうが、「エンニュート」の特性とトラッシュで40ダメージ分の上乗せになりますよ。(一応)

評価:★★☆☆☆


シャンデラ



シャンデラ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「シャドームーブ」
お互いの場のポケモンにのっているダメカンを1個別のポケモンにのせかえる。

回復+ダメージソースとして使う事が可能。たかが1個とはいえ、シャンデラが複数出てくるとそうも言ってられない。

ワザ:「ほのおでこがす」
50ダメージ + やけど。

やけど込みで70ダメージ。




火力そのものはイマイチ。特性も良い効果なのだが、これもまたイマイチ。
単体での活躍は難しい。他のポケモンとの組み合わせが前提。

評価:★★☆☆☆


アローラゴローニャ



アローラゴローニャ

『アローラゴローニャ』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「でんじがんせきほう」
このポケモンについている雷エネルギーの数分コインを投げ、オモテ × 50ダメージ。

雷エネルギーの数とコインに依存したダメージ。正直あまり期待できるダメージソースではない。

ワザ:「ヘビーボンバー」
相手のバトルポケモンの「にげる」に必要なエネルギーの数×30ダメージ分この技のダメージは小さくなる。

元の威力が200もあるため、こちらは上のワザと違って大きなダメージを見込める。
「にげる」に必要なエネルギーが3つでも110ダメージになるので十分強力。




「W無色エネルギー」や「マルマイン」が対応しているので、この辺を利用すれば十分活躍できるレベル。

評価:★★★☆☆


メテノ



メテノ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「スピードスター」
固定の20ダメージ。弱点・抵抗力、その他の効果を計算しない。

ワザ:「コスモプロ―ジョン」
固定の190ダメージ。このポケモンをきぜつさせる。

GX、EXポケモン相手にサイドを強引に1:2交換に持っていけるワザ。普通に強い。




新弾でのおふざけ枠

コスモプロ―ジョンは初めて見た時、GXワザかと思いました。
闘タイプにしては珍しい弱点と抵抗力の組み合わせ。

HPの低さが気になりますが、ベンチで育てておくだけで相手からすると無視できない圧力を感じます。
この「メテノ」は普通に強いと思います。エネルギーをリカバリーできる「メレシーBREAK」と合わせると良い感じなんじゃないでしょうか。

評価:★★★★☆


ミミッキュ



ミミッキュ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「くすねる」
山札から2枚引いてくることが出来るワザ。

バトル場で出しておけば、アドバンテージをガシガシ稼げる良い技ですね。

ワザに必要なエネルギーが無色1個分なので、「次元の谷」を出せば、エネルギーを付けずともバトル場で盾となり、アドバンテージを稼ぐことが出来ます。

ワザ:「まねっこ」
前の番に相手がワザを使っていたなら、そのワザをこの技の代わりとして使う。(ただし、GXワザは使えない。)

同じく「次元の谷」を使う事で相手のワザをコピーしてしまう強力なワザ。
相手からしても「ミミッキュ」が存在するだけで強力なワザを使うことをためらってしまう。

ワザをコピーする条件で自分がダメージを食らうことが含まれてないのが、このワザの1つの強みですかね。




HP自体は低いですが、相手からすると場に存在するだけでも嫌な顔をしたくなってしまいます。
「次元の谷」があれば、意外と扱いやすいスペックなこともあり超デッキでは採用率が高そうですね。

相手にとっての勝負を決める一手をコピーできるので、とても強力です。

言ってみれば、これぞ「JOKER」的なカード。

評価:★★★★☆


ダストダス



ダストダス

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「ゴミなだれ」
相手のトラッシュにあるグッズの枚数×20ダメージ

1エネルギーから大ダメージが狙える強力なワザ。
相手の手札をトラッシュする「こわいおねさん」を使う事で火力をあげることも狙えますね。

ワザ:「アシッドボム」
コインを1回投げ、オモテなら相手のバトルポケモンについているエネルギーを1個トラッシュする。

コイン依存だとしても厄介なワザ。




ベンチにいるだけだった「ダストダス」がとうとう戦えるスペックになって登場。しかも、結構強い。1エネルギーから大ダメージを狙えるのが憎いですね。グッズはトラッシュに溜まりやすいので「×10」でも良いかなと思ったり。

評価:★★★★★


ダダリン



ダダリン

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



特性:「はがねつかい」
このポケモンがいる限り、自分の鋼ポケモンが使うワザの相手のバトルポケモンへのダメージは「+10」される。

たねポケモンなので採用が苦にならないのは評価ポイント。

ワザ:「アンカーショット」
次の相手の番、このワザを受けたポケモンはにげることができない。

特性が優秀なのでワザを使う機会はほとんどないだろうが、このワザは地味に強力。時間稼ぎを行いたい場合、「フラダリ」などでバトル場に呼び出したポケモンをバトル場にとどめることができる。うまくいけばアドバンテージも稼ぐことが可能。




相手がベンチで放置しているポケモンを「フラダリ」&「アンカーショット」でバトル場に留めることができるのは強いです。そのまま無償でサイドを取ってしまう事だってできますよ☆

評価:★★★★☆


ドンカラス



ドンカラス

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「だましうち」
相手のポケモン1匹に30ダメージ。弱点・抵抗力、かかっている効果を計算しない。

ベンチ1匹に狙撃できるワザ。ダメージも良い感じ。

ワザ:「レイブンクロー」
相手の場のポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージを追加。

ダメージをばら撒くことができるワザとの相性が最高。「カプ・コケコ」のワザ「かいてんひこう」や「ブラッキーGX」のワザ「シャドーバレット」との相性が良く、大きなダメージを見込める強力なワザ。W無色エネルギーに対応しているのも評価ポイント。




このドンカラス、強いです。特に「レイブンクロー」は研究されそうなワザ。エネルギーはタイプを要求しないので、どのタイプとも組み合わせることができる。

評価:★★★★★


ヌメルゴン



ヌメルゴン

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「パワーウィップ」
相手のポケモン1匹にこのポケモンについているエネルギーの数×20ダメージ。

ベンチ1匹に狙撃できるワザ。ダメージも良い感じ。

ワザ:「ビートスライダー」
130ダメージ。相手のポケモンをベンチと入れ替える。

ダメージをばら撒くことができると同時に相手の場を荒らすことができるワザ。強い。




「ヌメルゴン」は上のワザと下のワザを器用に使い分けながら戦っていくことになりそうですね。この「ヌメルゴン」でデッキレシピを考えてみたいんですよね。ちなみに進化前の「ヌメイル」は展開ワザを持っていることもあり、デッキのパワー的にも高くなりそうです。ただ、一撃で倒されると逆転の芽を出せるスペックでないのは残念なポイント。

評価:★★★★☆


マオ



マオ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


山札から自分の好きなカードを2枚選び好きな順番で自分の山札の上に戻す。


「マオ」を使った後に、「オクタン」の「アビスハンド」や「シェイミEX」の「セットアップ」を使うことで、好きなカードを手に入れられますね。相性が良い感じです。

新しく出る「アローラサンドパン」の特性「ゆきかき」も良い感じですよ☆

アローラサンドパン

アローラサンドパン ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



この「アローラサンドパン」を見ていると、好きなカードを持ってくることが出来る「ルンパッパ & マグカルゴ」デッキを思い出しますね。。。

また、エネルギー加速やワザのコンボとしても使うことができますね。

エンテイバンギラス

エンテイ バンギラス ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



「エンテイ」のようなワザを持つポケモンと組み合わせればエネルギー加速のコンボに。
「バンギラス」のようなワザを持つポケモンと組み合わせればダメージ増幅コンボに。

評価:★★★☆☆


アクアパッチ



アクアパッチ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


自分のトラッシュから水エネルギーを1枚選び、自分のベンチの水タイプのポケモンにつける。

エネルギー加速、リカバリーに使える優良カード。ベンチ限定なのが調整なのか惜しい点。新弾の「アローラキュウコンGX」や次の弾の「カプ・レヒレGX」とこれからの活躍を大きく期待できる。

評価:★★★★☆


レスキュータンカ



レスキュータンカ

『レスキュータンカ』 ポケモンカード公式ホームページ
© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


自分のトラッシュからポケモンを1枚選び、自分の手札に加える。もしくは、3枚選び山札に戻して切る。

トラッシュから手札に加えるか、山札に戻すか、好きな方を選べるカード。過去シリーズの名前違いの再録カードですね。見た目以上に使いやすいカード。「活力剤」のように「バトルコンプレッサー」と組み合わせる使い方をしても面白い。

評価:★★★★☆


せせらぎの丘



せせらぎの丘

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


おたがいのプレイヤーは、自分の番ごとに1回、山札にある水/闘タイプのたねポケモンを1枚ベンチに出して良い。

水タイプでの更なる強化というところでしょうか。
あまり意識されていませんが、ボルケニオンEXも水タイプを持つため対象になりますよ。

評価:★★★☆☆



【60枚構築済みデッキ】 カプ・ブルルGX



カプ・ブルルGX



カプ・ブルルGX

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


ワザ:「つのでつく」
30の固定ダメージ。

ワザ:「しぜんのさばき」
のぞむなら、このポケモンについているエネルギーを全てトラッシュしてよい。その場合、60ダメージを追加。

草タイプにしては珍しい、エネルギーを全部トラッシュするワザ。「ラランテスGX」のワザ「フラワーサプライ」との相性が良い。
大体この手のワザは、雷タイプか炎タイプでした。

「のぞむなら」ってところがカギで、その都度相手のHPに合わせてダメージを調節できるのは良いですね。

火力補正をかけてあげると、相手のGXポケモンは容易に吹き飛ばしてしまえる火力を持っていて非常にパワフルです。

GXワザ:「カプ・ワイルドGX」
→150の固定ダメージに加え、自身のHPを全回復することが出来るワザ。

2番目のワザを火力補正するだけで十分強力なので、「カプ・ブルルGX」のGXワザを使う機会はあるか怪しい感じ。
単体で戦っていく場合は一度全回復できるので良いと思います。




草タイプにしては珍しいパワータイプ。耐久力も伴ってるので頼もしい。

弱点の無い草タイプなので「ボルケニオン」に対しても強く出られる・・・??(゜゜)
草タイプがどんどん強くなっていく・・・、このままでは本当にヤバい;;

評価:★★★★★


カプ・コケコ



カプ・コケコ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.



ワザ:「かいてんひこう」
相手ポケモン全員に20ダメージ。

「W無色エネルギー」に対応したワザ。
でも、「W無色エネルギー」は2番目のワザとの相性が噛み合ってない。

ワザ:「ライトニングボール」
100の固定ダメージ。

中打点を出せるワザ。
2番目のワザと「W無色エネルギー」との相性は悪いですが、「マルマイン」の特性「エネエネサンダー」は良い感じですね☆

マルマイン

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.






弱点を持ってる代わりに「にげる」が0なのは良いですね(^o^)

「マルマイン」の採用を考えると、「カプ・コケコGX」と合わせてウィニーデッキが出来そうなんですよね。

名づけて「コケコウィニー」
語呂の感じは良いと思います。

もし良い感じなデッキになれば、一番最初に流行らせたい。(゜゜)

評価:★★★★☆


マーマネ



マーマネ

© 2017 Pokémon.
© 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


手札を2枚トラッシュしなければ使うことができない。山札から4枚引く。

過去シリーズの名前違いの再録カードですね。「ボルケニオン」みたいなデッキと相性が良いですね。
また手札で機能してないカードを捨てて引き直せるのも評価できますが、「プラターヌ博士」の方が良いかなぁ。

評価:★★★☆☆

関連記事
スポンサードリンク

アローラキュウコンGX ヨワシGX ジャラランガGX カプ・コケコGX カプ・ブルルGX カプ・テテフGX ルガルガンGX バクガメスGX カプ・コケコ グソクムシャ

0 Comments

Leave a comment